HOME > 「努力は報われない」努力しても…無駄な努力だったのか?考え方・名言

「努力は報われない」努力しても…無駄な努力だったのか?考え方・名言

作成

ネガティブ脱却!なんでも受け入れてくれる心の悩み相談


物事に動じず、冷静に的確な行動がとれることは理想的ですが、仕事でミスをしたリ、間違いを指摘されたりして、ドキっとして、どうしようと慌てて焦ってしまう経験は、多くの人にあるのではないでしょうか。

そして、何をやってもうまくいかないと落ち込んだり、なんてダメなんだと自分を責めたり、してしまったりするものです。

でも私はポジティブないい意味として「努力は報われない」という考え方を取り入れていまして、この考え方についてご紹介してみたいと思います。


努力と結果はイコールではない

努力した分成果が出ると、嬉しいですよね。「頑張った甲斐がある」というやつです。 でも、これは真実ではありません。

現実の世界では、頑張っていない人が成果を出して、地道に頑張っている人が報われなかったり、同じように努力していても、理不尽な理由で不公平な結果が出たりします。
「あの人はいいのに、なんで私はダメなの?」
「あんなに頑張ったのに、なんでこんな結果になるの?」

世の中は、こういったことだらけです。

つまり、努力と結果はイコールではない。 「努力したから、上手くいくわけではない」と思っています。

逆に言うと、「努力しなかったから、ダメだったわけではない」ということです。

これが、私が考える「努力は報われない」です。

成功とか失敗には必ず原因がある

努力以外の他のすべての要件が一定であれば、努力した分結果につながりやすいということは一理あるかもしれません。

でも、才能とか、タイミングとか、生まれてから今までの経験などすべてが同じなんてことはないので、同じくらい努力しても結果は人それぞれです。

だから、成功とか失敗には、必ず、原因があります。

やり方が間違っていたのか?考え方が間違っていたのか?・・・ 適切な方法で、適切な行動量で努力をすれば、狙った成果になりやすいはずです。

考え方や行動が間違っていれば、失敗します。

なので、なぜ失敗したのかという原因を見つけて、それを変えないと、また同じような失敗を繰り返してしまうでしょう。

がむしゃらに努力をしたり、猛烈に反省をしたりしても、何を変えるかはっきりさせないと、失敗を繰り返してしまいます。

努力をしなくても結果が出る事はある

一方で、適当にやっているように見えたり、時間をかけずにささっとやったことでも、 やり方を違えていなければ、努力をしていなくても、結果がでます。

特に、ビジネスなどのルールが細かい分野では、この様に、感情と行動を分けて考えないと、頑張っているのに失敗ばかり繰り返したり、結果が出なかったりして、消耗してしまうのではないでしょうか。

つまり、報われようとして努力をするのではなく、成果の良し悪しはあまり気にしないようにして、正しい行動を続ける事に集中するのが良いのではないかと考えています。

だから、失敗した時やアクシデントが起こった時、現実を見て的確な行動がとれるように、「冷静に考えよう」と自分に言い聞かせるようにしています。

焦ってしまうと、たまたまその時目に入った他人の意見に同調してしまったり、自分の本当の考えとは違う行動をとってしまうこともあるので、注意が必要です。

また、落ち込むこともほとんど意味がないと思っています。

考えをまとめるまでに時間がかかることはありますが、やりたいことや伝えたいことは、行動で示すしかない。

落ち込んで何もしなければ何も変わらないので、動くしかありません。

自分が努力したかどうか?どれだけの思いを込めていたか?と、結果は、別問題なので、感情とは一旦切り離して、やるべきことに集中すれば良いのではないかなと思っています。

まとめ

ということで、私が考える「行動と結果の関係性」「『努力は報われない』という前向きな考え方」についてまとめてみました。

心って、嬉しいことを感じられる面では、人間に備わっている素晴らしい機能ですが、行動しているときには、不安感・迷い・怠ける事への誘惑などとして邪魔をしてくる迷惑な存在になったりします。

うまくコントロールして、喜びや楽しみをたくさん感じられるとよいのかなと思います。



スポンサードリンク
HOME > 「努力は報われない」努力しても…無駄な努力だったのか?考え方・名言

こちらの記事も参考にどうぞ

関連情報